浮気調査・相談

浮気調査の相談をする前に確実に決めておくこと

浮気調査の相談をする前にすべきこと

浮気調査は浮気をしているか確かめるためにするのでしょうか?いえいえ、そんなことはありませんよね。

 

相談する人の約半数が浮気調査で浮気をしていないことを確かめたくて相談するのです。だから、相談=浮気をしていると疑っているとはなりません。
大事なのは浮気調査をすることで何を得られるかということです。探偵に浮気調査を依頼するとして、どんな結果をお望みでしょうか。あなたが望む結果を先に描いておくことが大切なのです。不倫であっても、浮気であっても、結果としてあなたがどうしたいかが大事になるのです。

浮気調査の結果、何が欲しいのか

 

浮気調査を相談するときに考えておかなければならないこととして、予算を決めておくこと。探偵社ごとによって、料金は決まっていますが、あなたが決める予算を先に決めておく必要があります。自分が出せる予算が決まっていればそれに応じて依頼内容を決めることができます。予算に制限があるのであれば、予算を考えておきましょう。

自分の予算を決めておく

 

浮気や不倫をしていた時にどうするかを決めておくと、浮気調査で何が欲しいのかがはっきりします。例えば、浮気・不倫現場のはっきりした写真が欲しいというのであれば、とても具体的です。毎日尾行して何もないことを確認できればいい、という結果が欲しいのかもしれません。どのような結果でもあなた自身が決めればいいのです。そのためにご自分の気持ちを探偵に相談する前に決めておく必要があります。

具体的な求める結果を決めておく

 

 

勘違いされがちですが、浮気調査を相談しても何も失うことはないということを覚えておきましょう。浮気調査を相談したいのだけれど、いくらかかるのかしら、なんて考えなくてもいいです。無料で相談できる探偵事務所もありますから。無料で相談できることを知らなければ損するところでしたね。探偵に
無料相談するメリットは他にもあります。不倫や浮気について知らないことを専門家に聞けるということです。せっかく相談するのだから、知識を借りて自分の考えをまとめることもできるのです。探偵にしかできないことを相談することで無料相談は一層価値を持ちます。

損する人は料金が問題に

常識的に考えて、料金はどんなサービスにもあるものです。それがないと料金がわからないまま注文することになりますから。でも、知らない世界だからこそ料金が曖昧なることがあります。

 

これがトラブルもの元ですし、損する元にもなります。例えば、探偵に依頼した場合成功報酬を求める探偵事務所があります。これは依頼に成功をした場合に日当に上乗せで料金がかかるというもの。こういったものは一般的には馴染みがないものです。問題になるのはこのような馴染みが薄いものです。これが解釈の齟齬を起こします。調査費用が安い代わりに成功報酬が高い、なんて探偵もいます。その割合が多くなければいいのですが、当初の見積よりも高くなる場合もあります。相談する時にこれは必ず確認しておきましょう。

 

このようなトラブルを回避するために

浮気調査を無料相談し、見積を取っておくこと

先に見積もりをとっておけば安心ですよね。ある程度見えている予算が組めます。

浮気調査の追加請求の有無を確認する

経費は変動する場合もあるので、そのようなことがあるのかないのかを確認しておきます。

 

お金のトラブルはそのまま直接損につながることが多いです。
浮気調査をして破産したなんてことのないように相談して、ちゃんと確認はしておきましょう。

 

得する人はしっかり調べる

探偵を調べることに意味があるの?
もちろん探偵に依頼したい場合は調べることに意味はあります。

その探偵社のことを知らないで依頼するとしっかりと損することになります。
探偵に依頼したいのは浮気調査でしょうか?人探しでしょうか?企業調査でしょうか?
それぞれの探偵社には得意分野があります。
大手であれば全てを網羅しているということもありますが、
調べていくと気づくのは実績が多いことと少ないことがあるということ。
それを見るとどの分野に力を入れているかがわかります。
探偵社の得意分野はそうやっても見抜けるのですね。
得意なところに得意なものを依頼する。
これが得をするコツです。

 

調べるついでにもう一つ相談について調べるといいです。
それは無料相談を受け付けているかどうか。
相談を受けるのにお金を取りますという探偵社も多くあります。
無料相談を受け付けているくらい余裕がある探偵社の方が安心して頼めます。
経営的にも安定していると色々な面で依頼者が安心できます。

 

浮気調査ほど相談してよかったと思えることはない
探偵を調べる人はいても、相談を調べる人はあまりいないのが現状。そこまで困っていませんという意思表示なのかもしれませんが、相談こそ調べてからするべきでしょう。浮気調査はかなり個人的なこと。だからこそ、調べる、相談する、依頼するが重要になってくるのです。そこまでしないと意外と損をしてしまうことが多いのもここのポイントです。得をするためにも確実の相談を調べてから浮気調査の依頼をするというのがベストでしょう。探偵の得意分野なんてわからないというのであれば、大手の事務所がいいでしょう。浮気調査は数が主に必要となる調査です。人数が必要になるのであれば、大手がうってつけになります。ただ、にわか大手や信頼できない大手には気を付けてください。まず間違いなく損をするのはこんなところに依頼した場合ですから。

相談するときに必要なのは事前の調査?すべてを任せる気持ち?

浮気調査の相談で大事なのは浮気調査を依頼する気持ちです。
相談する相手が調査のプロの場合は決断する気持ちが大事となります。
その上で必要なのは相談前の事前の調査。
事前の相談、調査なしに得することはありません。

 

調査といっても相談前に浮気の根拠の再確認です。
例えば、帰りが遅くなったという根拠なら、そのペースはどの程度なのか、
パターンがないのか、どんな言い訳をしているのかなど。
その程度の調査でもいいのです。
相談時にはそこからプロはしっかり情報を見つけ出しますから。

 

また、もうひとつ大事なのは相談後はすべてをプロに任せることです。
最後の最後で詰めを誤って浮気調査が台無しになるなんてことはよくある話です。

 

つまり事前の調査は得するためには必須の条件。
すべてを任せることは詰めを誤らない為の条件になります。
どっちも大事な得をする根拠ですね。

事前の調査をすることは得する前提条件、すべてを任せることは最後の条件!!

 

浮気調査で得することなんて何もない!?

浮気調査をすることで得られるものがあるのか問われれば、あると答えられます。
浮気調査をマイナスの事として捉える人が多いことは分かります。
私自身だってそう思っていました。
でも、相談するのはそうではないんです。

 

浮気調査で得することは信頼を回復できるかもしれないということも含まれます。
浮気調査をする時に必ず付きまとうのが罪悪感。
相談することで信頼すべきパートナーを疑っているという罪悪感です。
でも、これを払拭する手段になるかもしれないということに気づいてもいいでしょう。
つまり、浮気調査をすると浮気をしていないということがはっきりすることで信頼が回復できるのです。

 

こんないいこともあるのです。
信頼できる人がさらに信頼できる人に変わる瞬間になりえます。

 

浮気調査はマイナスなことばかりじゃない!

損する浮気調査なんて止めてしまえばいい!

浮気調査を依頼して損をしているなと思ったら、止めてしまうのも手の一つです。
例えば、いつまで経っても相談通りの結果が出ないとか、
経費が予定より多くかかっているとか。調査日数ばかり増えていくとかです。
そんな時は浮気調査自体を見直す必要があります。
結果が出ないのは調査会社ばかりのせいではありません。
もしかすると浮気に関する見落としがあなたにあるかもしれません。
見落としがある場合にはいくら探しても見つけることができないかもしれません。

 

無駄なお金を使う必要なんてないのです。
結果が出ないなら出ないで切り上げることも一つの賢い選択です。
依頼される側としても結果が出ないのでは調査の打ち切りは宣告しづらいもの。

 

引き際のポイントとしてはいくつかあります。

結果がいつまでに出るかがはっきりしない

行動を追求していくとある程度の予測が立つものです。
それがないということはいつまでも調査が続くことを意味します。それなら、止めてしまうのはひとつの手。

経費が予算を超えてしまっている

これは経済的な問題ですが、調査結果が出るまでの予算を読み違えているのなら、
この先も読み間違えてしまうことも予想できます。
そんな時は止めてもいいでしょうね。

報告書がお粗末

結果として内容がない報告書を上げてくる探偵社は実力がないと判断してもいいでしょう。
これも止める判断の一つになるでしょう。
事前の相談はこんなことを回避する手段にもなります。

 

損をしない人は無料相談を必ずしています。

 

 

探偵を選ぶなら離婚訴訟や離婚調停を視野に入れて決める!

 

探偵が浮気調査をするなら徹底的にしてくれます。相談するときにあとのことをどうするかを決めていなくても事実は事実として探偵は調べてくれるのです。ただ、探偵に浮気調査を依頼するときに注意する点があります。証拠を成功の基準とするという明確なゴールを決めておくことです。ゴールの基準が明確でないとずるずる調査が長引くことがあります。また、ゴールしていないのに調査が終了することもあります。明確なゴールをしてくれる探偵を選ぶことが大事なんです。
さらに価格が予算に合う探偵を選ぶことも重要です。全てに優先して探偵を選ぶことは間違いないのですが、出せるお金は人それぞれ限られています。予算の範囲内に収まるように見積もりをお願いしましょう。

 

浮気調査が得意な探偵を選ぶことが大事

 

ほとんどの探偵が浮気調査を請け負います。でも、だからといって必ずしもみんなが得意としているわけではありません。経験が多いかどうかで変わってくるのです。経験が多ければそれだけノウハウが蓄積でき、社内で共有することができます。それが基本になり、さらに改善されていくことで浮気調査が得意になっていくのです。浮気調査の経験は依頼数に左右されます。大手であればそれだけ経験が多くなるということになります。ノウハウを共有し、さらに技術を高めることができます。つまり、浮気調査の相談をするなら、大手の探偵事務所を視野に入れた方がいいのです。

 

探偵を信用するなら待つことが最善の策

 

探偵は動き続けますが、依頼者はそうはいきません。むしろ待っていることを強いられます。なぜなら、結果が出るまでは依頼者は何もしない方がよいからです。何かしてしまうとかえって混乱をもたらし、結果として長期化する可能性があるからです。依頼者の行動に疑問を抱くと対象者は浮気を取り止めてしまうかもしれません。そうなると何もいいことがないのです。だから、任せるなら全面的に信頼して何もしないという選択肢が出てくるのです。怪しまれることが敵になります。できる限り普通にしていることが大事になります。

 

浮気調査の相談をするのはあなたの人生を取り戻すため

あなたの人生はここで決められる!

人生を変えるならここからです。

浮気で悩んでいるあなたは相談というきっかけで変われるのです!
浮気をしている、していないというのは関係ないのです。
あなたがどの様の行動したかということが大事なのですから。
浮気を確認する勇気を持ってください。
浮気をしていないことを確認することができるかもしれないのですから。

 

浮気をしていない確認

浮気をしていないかもしれないとは考えませんか?

そのように考えるのなら、浮気調査の相談をするべきでしょう。
相談をすることで実は浮気をしていないという結論になるかもしれません。
あなたの思い過ごしということもあるのです。
ただ相談をしてみなければそれもわかりませんよね。

 

相談は必須な条件!

人生を変える、きっかけは相談ということ。

浮気調査の相談で人生が変わる。そんな馬鹿なと思う人は相談してみませんか。
もちろん、これはあなたの人生を取り戻す行為にほかならないのです。

 

探偵が失敗するかを相談で見極める

 

探偵だって人間です。失敗することもあります。だから、浮気調査の相談をするときには失敗談を聞くといいです。自信のある探偵ならあっさり答えてくれます。逆に頑なに断るようなら少し注意が必要です。失敗から学べる探偵は優秀です。でも話したがらないということは失敗を咀嚼できていないことになります。つまり学べていないことになるのです。失敗することを恐れずに向上しつづける探偵を選ぶと結果はついてきます。相談をするときな見るべきはそこです。探偵の資質は豊富な経験に裏打ちされているもの。ただ、経験から学ばないのでは優秀にはなれないのです。

 

浮気調査は浮気や不倫を認めさせる手段になり得る

 

不倫や浮気は認めさせるのが困難なものです。何よりも証拠がないと開き直られたらそこで行き止まりになります。浮気調査は開き直られたときでも対処出来るように証拠を用意します。証拠は決定的な打撃となって対象者に事実を認めさせるのです。証拠写真や映像などがあり、それでもしらをきれる人はあまりいません。そこで心が折れるのです。中には知らないの一点張りの人もいますが、裁判が始まれば事実が覆されることはないと弁護士に諭されるでしょう。状況証拠をいくら集めてもここまで強力な一打にはなりえないのです。浮気調査の相談をするときには証拠を掴むことを前提に話すといいです。

 

離婚を考える前に探偵に相談すると不要な行程を省ける

 

離婚をするためにはかなりの労力と時間がかかります。だから、離婚をするなら全て終わってからの方がいいのです。準備万端であとは離婚するだけという状態です。そこまで用意するためにまずは探偵に相談しましょう。探偵に相談した結果、離婚まで必要ないと考えれば、話はそこで終了です。ただ、相談後も離婚したいのなら、探偵に浮気調査の依頼をしましょう。探偵は動き出します。そして証拠を見つけます。そうなってはじめて離婚の準備が整うのです。その証拠をもって離婚を扱う弁護士に相談しましょう。あとは弁護士に任せればいいだけです。労力と時間を省きたい人は離婚の準備をしっかりするといいでしょう。

 

探偵を信じることが浮気調査の大前提、相談するなら最後まで貫く

 

浮気調査をするなら探偵を信じることは大切です。第三者なので客観的に事実を冷静に見ることが出来るのがいいのです。浮気や不倫を目の当たりにすると誰しも感情的になってしまいます。そうならない探偵は浮気調査の場では貴重な存在になります。また探偵は事実を積み上げて証拠をつかむので、信頼に値します。客観的だからこそ異論の余地がないのが特徴です。どんなに怪しい行動を集めてみても探偵が集める事実ほど証拠にはなりません。証拠を裁判所が採用するには客観的な事実が必要なのです。

 

プロの探偵は裁判を見据えて報告書を作成する

 

探偵は浮気調査をするだけではありません。浮気調査の後のこともしっかり見据えています。浮気が発覚して報告書をどのように使うかを熟知しているのです。裁判になれば、証拠が必要になります。その証拠として信用に足る内容を報告書として作成します。写真の羅列だけでは証拠としては不十分です。日時や場所の特定など、裁判所が採用する程度の証拠を提出するのです。これであれば、見に覚えがないとか、記憶にないなどの言い訳で裁判を長引かせることがなくなります。その分だけ離婚成立までの時間が短くなるのです。

 

あなたの人生が本当に変わるためには必要なことがあります

あなたが素敵な人生を送るために必要なことはあなたが幸せでいること。そのためにはあなたが苦しくない状態がずっと続けばいいのですよね。ここまで言うと気づくかもしれません。今あなたはそんな状態ではないということに。そう、それこそが大事なポイント。あなたは今苦しんでいるのです。浮気調査を相談しようとする時点で大きな苦しみの中にいるのです。その苦しみを取り除くために一歩踏み出す必要があります。もちろん簡単ではないでしょう。でも、踏み出した人がみなさん言うのは、踏み出してよかったという一言。踏み出さなかったらずっと苦しいままだったというのです。そんな状態をずっと続けることがどんなにつらいか想像に難しくありません。踏み出してしまえば、簡単だったというけど、踏み出すまでがつらいのです。それはみなさん一緒です。だからこそ、踏み出してしまえば簡単なのです。その第一歩は相談すること。あなたの心のはけ口はここにあるのですから、まずは相談することから始めましょう。
誰にだって苦しい時期があります。その時期を乗り越えることはあなたにしかできません。逆に言うとあなたならできるのです。

はじめの一歩はここからですよ。

 

次は浮気調査に至るまでの行動をステップ別に考えていきましょう。

ステップ1・・・悩まない
あなたが悩んでいることはあなたの人生に必要なことでしょう、でも悩んで解決しましたか?解決していないでしょう。だったら、悩まない方がいいのです。悩まないというのは語弊があります。悩むのを今ここで止めてしまえばいいのです。いいや、今すぐ止めてください。いいですか、今このタイミングで悩むのをやめましょう。ずっと悩んで苦しんできたのですから、もう苦しむのはやめてください。あなたが苦しむのはおかしいんですよ。だって、あなたは何も悪くないのですから。あなたが何かをしてあなたが苦しむのならわかります。でも、あなたは何もしていない。それが悪いというのはお門違いもいいところです。だからここで悩むのはやめましょう。浮気について悩んだって何も解決しないのだから。
ステップ2・・・考える
悩むのをやめたら、次にするのが考えること。そもそも、浮気だと考えたその疑惑はどうしてだったのでしょう。意外とあなたの間違いだということもあり得ますから、その起点を考えることは有意義です。起点が間違いじゃないと確信したら、どのように浮気調査をするかを考えます。あなたが考える浮気の行動はどのようにしているのでしょう。浮気は一人ではできません。相手は誰でしょう。浮気について考えることはあなたのためにもなるのです。ここまで考えて実は浮気をしていないのではないかという疑問にもぶつかるかもしれないからです。確信して浮気をしていると考える根拠は何でしょう。客観的でしょうか。誰に話しても浮気をしているねと言われることなのでしょうか。ここまで考えると浮気調査を相談する際に相談したいことが見えてきます。行動を調査するのか、いつのどのタイミングが怪しいのか、誰が怪しいのか。
ステップ3・・・相談する
ここまで考えてくれば、相談内容はかなり絞られ来るのではないでしょうか。例えば、会社帰りの火曜日は必ず飲んで帰ってくるとか。毎週日曜は出かけているとか。怪しいと思った部分は絞られてきますよね。そうなってきたら、相談する内容も変わってきますよね。漠然と怪しいと相談しても結論は出ないかもしれません。でも、具体的にこの日やこの曜日、この時間など、わかっていれば調べることも難しくないのです。相談される側の気持ちを考えるとこんなことも大事だと分かってきます。藁の中の針を探すよりも具体的に探すところがわかっている方が確率もモチベーションも上がってきます。ここまで考えられていたら意外と答えが出るまで難しくないかもしれません。その答えが意外な方であっても時間が大幅に短縮できます。相談する内容は事前に決めておき、あなたはそれを聞くだけでいいのです。勇気を出して相談したら、あとは結果を待つだけです。浮気調査の相談をする人の約半数が浮気をしていないと確信するために依頼するそうです。みんな同じなんです、信じたいんです。一歩を踏み出したからと言って、裏切りではないは覚えておきましょう。信じることを確かめる行為でもあることを忘れないようにしましょう。

 

勇気を出してあなたが一歩を踏み出した見返りとしてあなたは手に入れるものがあります。それはあなたの安心です。浮気をしているかどうかは調査でわかることです。でも、分かったことで手に入れるのはそうであったという安心か、そうでなかったという安心です。どちらにしろあなたは手に入れるのです、安心を。もちろんそうであったということであれば調査を続行することをお勧めします。今後のことを考えると調査結果は重要になるはずですから。

 

やましいことがなければ浮気調査に本気で怒らないのが人間心理

 

人間心理とは不思議なもので、やましいことがなければ本気で怒ったりしないものです。信用がないなぁ、などと文句を言う程度です。これが浮気調査でばれたくないときには本気で怒り出します。疑われていることに敏感になるからです。その部分に触れると爆発するのです。探偵に相談するときにはこのような行動も合わせて情報提供しましょう。怪しい行動を追っていくことが浮気調査に役立つからです。

 

探偵は機械的に調査するから客観的事実が浮き彫りになる

 

探偵の浮気調査は行動を確認し、浮気の証拠を掴むまで追跡します。そこに主観の入る余地はありません。事実をたんたんと積み上げていくだけです。その結果、浮気をしていた、していなかったを報告します。期間限定の依頼の場合、期間内に浮気は確認できなかっとなることもあります。つまり、探偵は依頼者の意思を尊重して動くので、期間内なら期間内しか調査はしません。当たり前ですよね、契約でそうなってのですから。ただ、依頼内容はきっちりこなします。プロですから、仕事は確実にします。

 

 

 

浮気調査を相談した人、そしてその後

浮気調査を依頼して私はよかったです。結果、分かれることになりましたが、それでもよかったと言えるだけのものがありました。私の場合は浮気を疑ったのが、早い段階だったので本当にそうかが自信を持てませんでした。でもだからこそ、悩みました。本当にそうなのか自信がない、でも確かめるだけの勇気もない。悩んだ結果、苦しくてつらい毎日を過ごすことになってしまったのです。会話なんてほとんどなくなりました。日常にまで支障がきたしてきたので、解決するために何かをする方法を探しました。本当は本人に聞くということもできたのかもしれません。でも、それができなかった。主人はずるいひとだったので。だから浮気調査を相談することにしました。プロに調べてもらって、それで何も出てこなければ私は楽になると考えたからです。結果は真逆でしたけどね。でも、私の心の不安はそこで落ち着いたのです。つらいことがあるのは分かっていましたが、それでも知らないで暮らしていた日々よりは良かったです。事実が分かったから。もちろん浮気は許せませんでしたし、つらかったですけど、それまでの毎日が苦しすぎて一時の我慢だと思えば耐えられないことはなかったです。

<東京都在住30代女性>

浮気を疑った日から浮気調査の相談をするまで時間がかかったのは私の間違いの一つです。苦しいからこそ、決着をつけるべきだったんですよね。それが私にはできなかった。これまでの二人の関係が良かったから。それを壊してまでするべきじゃないと考えてしまったんです。調査を相談する前は考えすぎたんですよね。だって結局は何も出てこなかったんですから。浮気をしていないと確信するための調査があるというのをもっと早く知っていれば、そんなことにならなかったんですよね。ただ、私の勇気が足りなかった。それだけなんです。本人に確かめられなくて、ただそれだけ。浮気調査をして結局はよかったんです。疑惑が疑惑じゃなくなったんですから。

<神奈川県在住30代女性>

意外と自分でも驚くほど冷静に対処できたと思っています。浮気調査を相談した時から、結果を見るまで取り乱したりはしていないと思います。だからと言って心はそうであったかというとそんなことはないですけどね。ずっと不安でしょうがなかったんですよ。妻が浮気をしていたらどうしよう、誰にも相談できないと思っていました。自分の妻の話を相談するなんて難しいですよね。誰にも相談できない。それが最後にはよかったんです。恥を晒すところでした。潔白だった妻を疑った情けない夫、それが私の役割だったようです。結果を知ったときには本当に安堵しました。こんなに不安になっていたんだと改めて思いました。本当は苦しかったのかな。自分の気持ちなんてわからないものですね。子供たちは何も知りません。それもよかった点の一つです。これからも家庭を守ってもらいたいですから、ギクシャクしなくてすみましたしね。

<東京都在住40代男性>